メンズ
クラシックフィット
カシミヤブレンドシャツ
¥8,532(税込)
商品番号:PICS70_12
・サイズ
×
サイズスペック単位(cm)
サイズ 着丈 肩幅 裄丈 胸囲 胴囲 ネック
40-82 81 48 83.5 120 109 40.8
41-83 82 49 84.5 123 112 41.8
42-84 83 50 85.5 126 115 42.8
43-85 84 51 86.5 128 118 43.8
45-85 87 53 86.5 134 125 45.8

◆あなたのサイズは?◆
ネック・裄丈・胸囲を入力するだけで、あなたのサイズがわかります!入力画面へ

・天然繊維は、温度や湿度によって伸び縮みするため、上記のサイズ表に対して1%~2%の誤差を許容し生産しておりますことをご了承ください。
・裄丈とネックは洗濯縮み分(裄丈1.5㎝/ネック0.8㎝)を含んだ表記です。

【サイズを計る時の参考にして下さい】
・ネック:いつもワイシャツの襟がくるあたりを苦しくない程度に緩めに計ります。
・裄丈:首の中心から手首の関節より2cm程度長めに計ります。

・裄丈詰め
×
裄丈詰めについて
  • ・お直しには約2週間お時間をいただきます。
  • ・裄丈詰めの寸法は0.5cm単位でお受けしております。
  • ・1cm以下の修理は、縫製工場や取り扱う生地によって多少の誤差が出ることを考慮し、許容範囲とさせていただきます。
  • ・通常商品と裄丈詰め加工商品を合わせてご購入の場合は、裄丈詰め仕上がり後に一緒の発送となります。
  • ・裄丈詰め加工をした商品の返品はお受けできませんのでご了承願います。
    但し、不良品・弊社の不手際があった場合は除きます。
裄丈について
・裄丈寸法
cm
※縮み分(1.5cm)を考慮して
実際の裄丈出来上がり寸法は -cm です
・数量
  • お気に入りに追加
  • 店舗在庫を確認する
  • Close
    PICS70_12
    クラシックフィット
    ¥8,532(税込)
    商品番号:PICS70_12
    • ブランド : メーカーズシャツ鎌倉
    • 襟 : スプレッド
    • 袖丈 : 長袖
    • ポケット : なし
    • 色 :
    • 柄 : 無地
    • 生地1 : カシミヤブレンド
    • 素材 : 綿 85%, カシミヤ 15%
    • 番手 : 30番手単糸
    • カフス : シングルカフス
    • 原産国 : 日本
    • 前立て : 表前立て

    ※表示されている情報は、2019/04/21 16:38:34時点の情報になります。

    ※在庫ありの表示でも売り切れの場合がありますので、 詳しくはご利用店舗に直接お問い合わせください。

    ※NY店・FC店に関しては検索対象外とさせていただいております。

    ※この商品は全店で完売しております。

商品詳細

ブランド : メーカーズシャツ鎌倉
襟 : スプレッド
袖丈 : 長袖
ポケット : なし
色 :
柄 : 無地
生地 : カシミヤブレンド
素材 : 綿 85%, カシミヤ 15%
番手 : 30番手単糸
カフス : シングルカフス
原産国 : 日本
前立て : 表前立て
カシミヤブレンドシャツ

冬の防寒として欠かせない最高級の天然素材“カシミヤ”。
シャツ生地として一般的な綿素材にカシミヤをブレンドさせるのは、実は技術的に難しく、選び抜いた素材と高い技術をもってこそなし得るものなのです。
触れた瞬間に伝わるふんわりとした温かみ、独特のやわらかな色合いはカシミヤブレンドだからこそ表現でき、この時期だけ体験することのできる逸品です。

マンハッタンモデル登場

―――――真価を問う
世界中の人が待ち望んでいるシャツが完成しました。

■襟
■襟の表裏のパターンに差をつけ、コンパクトかつ構築的な襟を実現。品の良いドレスシャツの証である、首に巻きつくような内巻きフォルムは、匠によるいせ込み技術の成果です。

■身頃
■従来サイズより前身頃を大きく、後ろ身頃を小さくした新パターンを採用。ウエストポイントとダーツ位置も下がり、スリムな見た目と着用感が叶いました。

■袖
■袖は細く、自然と前ふりになる美しいフォルムが完成しました。ジャケットに合うよう誂えられた袖カーブは、シャツのカフスがジャケット袖口の傾斜に沿うよう調整されています。

■細部のディテール
■第一ボタンには、シャープな襟に合う小さめの9mmボタンを使用。
■エレガントな見た目を追求し、細くなった剣ボロ・前立て・ステッチ幅。
 
新しいマンハッタンモデルは日本モデリスト協会会長 柴山登光氏と共同開発したものです。
柴山氏との対談や新パターンの制作秘話はこちら→