TexTeqから一枚のジャケットでONとOFFで使える、
コーディネートアイデアをご紹介いたします。
使えるアイテムで着まわしを楽しもう!

ジャケット/JK5181 (広尾店・ランドマーク店のみ)

シャツはこちら >

ベルトはこちら >

 

ベーシックなグレーのジャケットスタイルですが、全体のトーンを揃えることで、まとまりのあるコーディネートに。
グレー・ベージュ・ブラウンの3色に絞り込んだ秀逸な着回し。
起毛したアイテムを複数使用する事で、スーツスタイルよりも温かみのある仕上がりに。やわらかい雰囲気が漂うビジネススタイル。

ジャケット/JK5181 (広尾店・ランドマーク店のみ)

タートルネックはこちら >

ベルトはこちら >

トラウザーズはこちら >

ONスタイルから一変し、カジュアルなジャケットスタイルです。
こちらも色数は少なく、主役のジャケットを引き立たせるような合わせ方です。同系色のタートルネックと、綺麗に映える白い綿パンは今季必須のマストアイテム。余計な色を取っ払ったコーディネートは、大人の男性を思わせる落ち着いた印象に。

ジャケット/JK5174 (広尾店・ランドマーク店のみ)

シャツはこちら >

ベルトはこちら >

トラウザーズはこちら >

ネイビージャケット×グレーパンツは王道のジャケパンスタイルですが、Vゾーンをパープルでまとめることで存在感が増します。
白いチーフのパイピングも同系のパープルでまとめたお手本コーディネート。シャツとタイはどちらもストライプですが、ピッチを外せば問題なし。ベルトや靴は黒で締まりを持たせたいですね。

ジャケット/JK5174 (広尾店・ランドマーク店のみ)

シャツはこちら >

ベルトはこちら >

ジーンズはこちら >

土日はデニムで、カジュアルに。ノータイの日はチーフに少し遊び心を。深いグリーンに負けないギンガムチェックのシャツが大人の余裕を思わせます。

ジャケット/JK5175 (広尾店・ランドマーク店のみ)

シャツはこちら >

ベルトはこちら >

トラウザーズはこちら >

統一感がポイントとなるコーディネート。
ジャケットの柄が柔らかく見えるように、グレー・ブラウン・ベージュで揃えます。Vゾーンをニットで覆うのでチーフで遊んでもOKです。
ポイントは白シャツの選び方。パリッとした白ではなく、少しだけキナリの色を選ぶことがコーディネート完成のカギです。

ジャケット/JK5175 (広尾店・ランドマーク店のみ)

シャツはこちら >

ベルトはこちら >

トラウザーズはこちら >

大人のカジュアルスタイルのキーワードとも言えるチェックジャケット。
なんとなく派手に見えがちなチェックでも、トーンを抑えた優しいニットを挟んであげれば尖った印象にはなりません。
グレーのニットとベージュのウールパンツは、どちらもジャケットのチェックを意識してチョイス。

ジャケット/JK5177 (広尾店・ランドマーク店のみ)

ベルトはこちら >

トラウザーズはこちら >

 

非常にベーシックなコーディネートですが、随所に柄物を選ぶ上級者コーディネート。
シャツは爽やかなストライプをチョイス。Vゾーンがカチッとしている分、パンツで遊び心をプラス。急なパーティーにも対応できる大人のビジネススタイル。

ジャケット/JK5177 (広尾店・ランドマーク店のみ)

ポロシャツはこちら >

ベルトはこちら >

トラウザーズはこちら >

イメージはまさにドライブ。ラグジュアリーなポロに合わせるのは落ち着いた印象を持たせるハウンドトゥースのウールパンツ。
カジュアルスタイルでもウールを採用するのが今年のポイント。色数は少なく、柄も控えめですが、素材感の違いで差をつける。
Page Top