鎌倉シャツの300番手シャツは世界で最も「繊維長」が長い綿、
「新疆綿」を贅沢に使用しています。
現在の紡績技術において、光沢・ハリやコシ・着用感、
全てにおいてスペシャルな生地を使い、日本の縫製工場で仕立てた逸品です。

繊維長が25mm未満のものが多く、通常「短繊維」と呼ばれる綿素材。
その中から、繊維長が35mm以上の「超」長綿を選ぶことで上品な光沢、ソフトな肌触りが実現しました。
世界最高峰といわれる中国新彊(シンキョウ)地方の「新彊綿」を使用しております。
繊維長が25mm未満のものが多く、通常「短繊維」と呼ばれる綿素材。
その中から、繊維長が35mm以上の「超」長綿を選ぶことで上品な光沢、ソフトな肌触りが実現しました。
世界最高峰といわれる中国新彊(シンキョウ)地方の「新彊綿」を使用しております。
番手とは、糸の太さを表す単位で、1番手は1gを約1.7mと換算し、
糸が細くなるにしたがって、番手数が大きくなります。
(120番手の糸は1g約204mの長さになるのに対し、
300番手ともなると、1gで約510mの長さにもなります。)
使用する糸が細くなるほど、原料の綿花を糸にする技術も特別なものが求められ、
生産と品質のコントロールが非常に難しいと言われています。
番手とは、糸の太さを表す単位で、1番手は1gを約1.7mと換算し、糸が細くなるにしたがって、番手数が大きくなります。
(120番手の糸は1g約204mの長さになるのに対し、300番手ともなると、1gで約510mの長さにもなります。)
使用する糸が細くなるほど、原料の綿花を糸にする技術も特別なものが求められ、生産と品質のコントロールが非常に難しいと言われています。
このスペシャルな素材の良さを最大限に引き出して扱えるのは、日本国内の限られた一級職人のみ。
国内の指定工場にて、熟練の職人の技術で一着一着丁寧に縫製され、心をこめてシャツを作っています。
この生地を扱えることは職人の誇り。
まさに「一針入魂」。緊張感をもって一針一針丁寧に縫い上げています。
このスペシャルな素材の良さを最大限に引き出して扱えるのは、日本国内の限られた一級職人のみ。
国内の指定工場にて、熟練の職人の技術で一着一着丁寧に縫製され、心をこめてシャツを作っています。
この生地を扱えることは職人の誇り。
まさに「一針入魂」。緊張感をもって一針一針丁寧に縫い上げています。
300番手の滑らかで上品な生地にふさわしい、最高級の白蝶貝ボタンを採用。
白蝶貝は古くからアクセサリーに用いられる最高級素材で、このボタンを使用しているシャツは最高級品と格付けされます。
300番手の滑らかで上品な生地にふさわしい、最高級の白蝶貝ボタンを採用。
白蝶貝は古くからアクセサリーに用いられる最高級素材で、このボタンを使用しているシャツは最高級品と格付けされます。
「世界中の人が待ち望んでいるシャツが完成しました。」
日本モデリスト協会会長、そして世界的パタンナーである柴山登光氏を迎え
研究に研究を重ね実現したマンハッタンモデル。
襟、身頃、袖、全てのディテールにこだわりが詰まっています。
マンハッタンモデルについて詳しくはこちら>

※マンハッタンモデルでない一部の商品は、根巻きやガゼットなど異なった縫製仕様を用いております。
「世界中の人が待ち望んでいるシャツが完成しました。」
日本モデリスト協会会長、そして世界的パタンナーである柴山登光氏を迎え研究に研究を重ね実現したマンハッタンモデル。
襟、身頃、袖、全てのディテールにこだわりが詰まっています。
マンハッタンモデルについて詳しくはこちら>

※マンハッタンモデルでない商品は、根巻きやガゼットなど異なった縫製仕様を用いております。