服の型崩れを防いだり、襟や胸・肩に張りを持たせるために、
表地と一体となって縫い合わせる布のことを芯地といいます。

製品の仕上がりに大きな差が出ると言われる芯地。
ドレスシャツでは、襟・カフス・前立てに使用されます。

表地(シャツ地)と芯地を糊付けし、
縫製・プレス工程を簡単にする接着芯には2種 類あり、
水洗い後、糊がはがれフラシ芯になる仮接着芯と
両面を完全に糊付けする永久接着芯(トップヒューズ)とがあります。
鎌倉シャツでは主に、着心地がよい「フラシ芯」を採用。
生地を固定しないので、長時間着ていても疲れにくく、手首・首にフィットして自然に体になじみます。

衿芯地
a.襟芯地
カフス芯地
b.カフス芯地
前立て芯地
c.前立て芯地
Page Top