夏のコーディネートを、
一気に旬なスタイルにアップデートしてくれるレースブラウス。
今から晩夏まで長く着られる色バリエーション、
オンもオフも一枚で華やかに彩るラインナップをご用意いたしました。

いつものコーディネートにレースブラウスを取り入れて、
オフィススタイルもカジュアルスタイルも、
よりエレガントに、自分らしく楽しんで。

オーバーサイズなシルエットが、今っぽいプルオーバーブラウス。
Vネックデザインがカジュアルなスタイルをシャープな印象に。
ワイドカラー、比翼デザインが、ドレッシーな雰囲気を演出するレースシャツ。
シンプルなボトムスとの合わせも、1枚でサマになる。
シンプルな中にも、フェミニンさ漂うボートネックブラウス。
ストレートなタイトスカートを合わせて縦長シルエットを作ることで、スタイル美人に。
軽やかなローン素材が抜群の着心地をかなえるチュニック。
レギンスやタイトなパンツを合わせたシンプルな着こなしも、華やかに。
前後のデザインのギャップが魅力の、クルーネックブラウス。
バックに施されたフェミニンなレース柄は、粗野な素材感のデニムで甘さを中和して。
Aラインシルエットがスタイルを華奢に見せてくれる、ノースリーブブラウス。
カーキのパンツにブラウンのサンダル、ナチュラルな色合わせで大人っぽく着こなして。
レースブラウスのインナーには、同色のタンクトップやキャミソールがおすすめです。
その際、装飾があるデザインのインナーを選ぶと、ブラウスの印象を邪魔してしまうだけでなく、
下着が透けているように見えてしまう場合があるので、
シンプルなデザインの無地のものを選ぶようにしましょう。
レースブラウスを大人っぽく着こなすには、
シルエット・色・素材感のどこかに、“フェミニン”とは逆の印象のアイテムを合わせることがポイントです。
たとえばマニッシュな黒いパンツや、シャープなストレートシルエットのタイトスカート、
素材感の強いリネンや粗野な印象のデニムのボトムス、
存在感を放つホーン素材のバングルや大ぶりのピアスなど。
フェミニンなレースの“甘さ”を中和するようなアイテム合わせで、ぐっと大人のスタイリングに仕上がります。