Story of KAMAKURA SHIRTS WOMEN
Vol.2
Spring Knits
Made in Japan
ニットの生産地として有名な山形県を拠点に構える米富繊維とタッグを組み、商品企画を行いました。1952年の創業以来、ニットづくりを極めてきた米富繊維のノウハウを掛け合わせることで、時代の変化に合った“今の生活に馴染む”ニットアイテムが完成しました。

画像左から: ZMGL03_29 ZMGL03_11 各¥16,500(税込)/
ZMGL02_11 ZMGL02_27 各¥13,200(税込)

ローゲージに特化した生産背景と
独自の編地開発技術
ローゲージニットの生産キャパシティが日本一と言われる米富繊維。立体的で存在感ある柄が魅力の王道アランセーターや、ローゲージの発想を応用したサマーニットなど、四季に応じたニットアイテムを作り上げています。また、ニットファクトリーでは珍しく自社内に編地開発室を擁し、編み柄はもちろん、糸の組み合わせから研究・開発を日々行っています。ものづくりに対する情熱と独自の発想力で、他にはないオリジナリティあるアイテムを作り上げています。
スタイリングの幅を広げる
“ショートカーディガン”
天竺組織を表側がコットン、裏側がポリエステルとなる糸使いで編み立てました。コットンニット特有のダレに対して、ハリ・コシのあるポリエステル糸を補強糸として組み合わせることで安定したシルエットになっています。コットン糸は少し凹凸があるものを採用することで、ドライタッチかつナチュラルな印象に仕上げました。 デザインはコンパクトで丸みを帯びたシルエットに、ラグランスリーブを採用。動きやすく快適な着心地を実現しております。 オーバーサイズのシャツに合わせてシャツの裾を覗かせるスタイリングもおすすめ。
シャツ屋ならではの
“襟付きカーディガン”
ラーベンカノコ編みで作製した衿付きのカーディガン。柄を入れながらも薄くて軽い仕上がりなのがこの編地の特徴。2種類のコットン糸とポリエステル糸をブレンドしています。リネンのような風合いを施したコットン糸とドライタッチなコットン糸を軸に編み立てることで、さらりと爽やかな肌触りを実現しました。伸縮性のあるポリエステル糸を絶妙にブレンドすることで、型崩れを防止。袖を捲るスタイリングも気にせず楽しめます。 羽織としても着まわせるように、丈はヒップに被るくらいの長さにこだわりました。ボタンを開けてジャケット風に。第一ボタンまで閉めてシャツ風に。さまざまなスタイリングを楽しめるカーディガンが完成しました。

Vol.1

Blouse

Vol.2

Spring Knits

MEN
WOMEN