穏やかな海、山、気候に囲まれたフランスのニースに
120年以上続く老舗ブランドがあります。
その名を明かすことはできませんが
右下りのレジメンタルタイは彼らのアイコンとして、
世界中のファンに愛されています。
生地から縫製まで一貫してネクタイを作り上げる
ブランドは、世界中を探してもまれな存在です。
ネクタイ作りの肝になるカンヌキ留めなど
職人による細部の技術は秀逸であり
フランスらしいエスプリの効いた色使いが人気です。
また、風光明媚なニースと鎌倉は姉妹都市でもあります。

購入はこちら>

美しく豊富な水源をもつコモ湖周辺には
シルクの染色で世界的に知られる多数のネクタイの
ファブリックファクトリーが存在します。
長年続く各社は、圧倒的なアーカイブを取り揃え
安定した品質を保っています。
一流メゾンに幅広く採用され、信頼をおく存在として
地位を確立。
新しい技術とともに昔ながらの旧式機械で
織り込んだ密度が高く美しいジャガード織りや
色鮮やかなプリント生地を得意としています。

購入はこちら>

イギリスには250年以上にも及ぶ歴史ある
ファクトリーがあります。
このファクトリーは、極上のツィル生地
(ファンシーツィル)で名をはせています。
また、ジャガードのソリッドタイや色鮮やかな
プリントタイも手掛けます。
このファンシーツイルは生地自身に独特な光沢ととろみ感があり、 その美しいドレープ性を生み出しています。
触れた瞬間、その上質さと美しさを
実感いただけることでしょう。

購入はこちら>

シルク織物の産地である京都西陣地区。
その歴史は5世紀まで遡り、着物の織物産地として栄え
現在はネクタイ用のシルク生地も生産しています。
やわらかな色味が特徴で、日本人の顔色にしっくりと馴染み
四季を感じる胸元を演出できます。
また、日本では、職人による丁寧な縫製技術も
代々引き継がれており、ヨーロッパから仕入れた
ネクタイ生地は、日本の地で一針一針「手縫い」で
仕上げられています。

購入はこちら>


ネクタイTOPはこちら>
Page Top