パートナーシップ契約

Partnership

神奈川県横浜市を拠点とするプロアイスホッケーチーム、横浜GRITS(YOKOHAMA GRITS)のパートナー企業として活動を開始しました。
「日本のアイスホッケーをメジャースポーツに!」というコンセプトを掲げ、同じ神奈川県を拠点に活動を続ける横浜GRITS。
鎌倉シャツはチームへのユニフォームやグッズの提供という形で協力させていただいております。
下記ページでは、横浜GRITSを率いる浅沼監督との対談を通して、チームの想いや取り組みについてご紹介させていただきます。

>>対談ページはこちら

チーム公式移動着の提供

横浜GRITS選手、スタッフが遠征移動時や試合会場入りの際に着用するオリジナルシャツ、ネクタイを鎌倉シャツより提供。スケートリンク上でのユニホームに加わる新たな戦闘服としてチームの活躍をサポートします。

チームオリジナルアイテムの制作

ビジネスシーンや普段使いでも大活躍のオリジナルアイテムを鎌倉シャツが製作。
横浜GRITS公式オンラインショップやホームゲームでも会場販売されています。

梱包資材の見直し

Review of materials

ショップバッグ有料化

鎌倉シャツでは日々大量に消費される使い捨て資材の削減を進めるために、 無償にて提供しておりましたすべてのショップバッグについて2020年7月1日(水)より有料化を行いました。 これにより従来の使用量の3/4まで削減することができました。

>>詳細はこちら

シャツビニールの削減

鎌倉シャツが消費するシャツビニールは年間で110万枚。
皆さまにご協力いただいている取り組みで、2020年はプラスチックゴミの35%削減を実現できました。
それは、年間で約40万枚=3トンの削減にのぼります。

寄贈

Donating

マスクを寄贈

コロナ禍で、常に危険と隣り合わせの中、私たちのために日々、 ご尽力くださっている練馬光が丘病院のスタッフの方々へ、「シャツ屋がつくるマスク」を寄贈させていただきました。

練馬光が丘病院では通常診療を行いながら、新型コロナウイルス感染症患者の方々を受け入れています。
コロナ病棟では、20名の医療従事者の方が最前線で日々奮闘されています。

院内のマスクは不足していないものの、それらのマスクをプライベートで使用することはできないため、弊社のマスクをプライベート用に寄贈させていただきました。

色とりどりのシャツ生地を使用したマスクが、少しでも生活に彩りをもたらす一助となりますことを願っております。

シャツのリサイクル

Recycling

持続可能社会を実現するために

持続可能社会を実現するために、小さな活動をしています。
綿100%素材でできたシャツは、再生可能なことがわかりました。
幸いなことに、私たち「鎌倉シャツ」は、綿100%のシャツを作り続けています。
そこで、古い「鎌倉シャツ」を綿リサイクル活動へ寄付していこうと考えました。
この趣旨にご賛同いただけましたら、着用しなくなられたシャツを店舗(※)までお持ちください。

※再生のため、シャツは洗濯したものをお持ちください。
※天然素材100%のシャツに限ります。
※フランチャイズ店・オンラインショップは対象外となります。
※鎌倉本店ではFUKU-FUKU プロジェクトにも参加しています。

清掃活動

Beach Cleanup

ビーチクリーンの実施

発祥の地である鎌倉の海岸清掃を行っています。
お客様や地元の方、取引先様など活動に賛同していただいた方々と共に、神奈川県鎌倉市にある稲村ケ崎公園周辺の海岸清掃を行っています。

※2020年の開催は中止となりました

MEN
WOMEN