そもそも、
「ニット」シャツとは?

「ニット」と聞くと冬に着るセーターなどを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
鎌倉シャツではニットシャツは伸縮性のあるシャツを指します。
通常のドレスシャツは織り物に対し、ニット=編み物なので、伸縮性がありシワができにくいという特長を持ちます。
生地は季節を問わずお召しいただけますが、春~秋口までの着用におすすめなカノコ生地のご用意もあります。

 

鎌倉シャツがこだわる
ニットシャツとは?

 

Q.突然ですが、問題です。
この中でニットシャツはどれか
おわかりになりますか?

※答えはページ最下部!

 

1.コンセプト

ニットシャツのコンセプトは「ニットに見えないニットでドレスシャツを作る」
そのためには、高級なコットンが必要不可欠です。
しかしコットンには、重くて乾きにくい・型崩れすると戻りにくい・シワになりやすいという弱点がありました。
コットンの強みである優しい風合い・上品な光沢感はそのまま、弱点だけを克服するためにポリエステルを混紡した結果40%の軽量化と速乾性3倍、保形性を持つ私たちのニットシャツが誕生しました。

 

2.糸

ニットシャツに混紡されている糸は、ピンタイプ仮撚り機(サファイアガスの回転子)に熱を加えながら、何度も糸を膨張させては撚り戻しをかけていくことで表面にクリンプ(波状の屈曲)を作り出し、温度調整機能・ナチュラルストレッチ効果・バルキーさ(軽さ)を得ることが出来る、画期的なポリエステルに綿やウールを混紡している糸なのです。
エコの観点からポリエステル部分にはリサイクルポリエステルを採用開始しています。
しかし、その反面で色の濃淡の染着差や湿度温度管理など常に一定基準の管理を人の手で行う必要があります。
また、生産量が少ないため、コストが高く、品質管理能力が高水準で求められるためグローバルロットに対応しづらく、海外では管理がほぼ不可能であるうえに日本の各合繊メーカーも取扱いの難しさから、ピンタイプ仮撚り機を進化させ続けている工場は、世界を見ても限られた工場のみという現状です。

 

3.編み機

一般的にハイゲージと呼ばれる28G(ゲージ)以上が編める機械は全世界で1%ほどですが、
私たちがメインで採用している36Gの編み機はなんと0.05%以下。
日本にしか存在しない機械と言われています。

 

4.伸縮性

全方位にストレッチし、貴方の動きをサポートします。
生地のみならず、伸縮性のある糸で縫製しているため、貴方にも生地にもストレスがかかりません。
電車でつり革に掴まるときや振り向くとき、ジャケットを羽織る瞬間の動きがいつもよりもスムーズだということに気が付くはずです。

 

5.速乾性

コットン100%のドレスシャツと比較して3倍の速乾性を持つので、部屋干しや湿度が高い日、夜間の洗濯でも数時間で乾きます。
また、汗ばむ日のコーディネートにも活躍します。

 

6.縫製

ニットに見えないニットシャツ、というコンセプトを実現するため、ドレスシャツと同じ縫製と運針(ステッチ)を採用しています。
脇の部分には、私たちのシャツの代名詞でもある「巻伏せ本縫い」で強度と美しさの両立が叶いました。
高度な縫製技術に加えて、ニットは生地の端がくるっと丸くなる性質があるため、それを抑えながらの縫製は至難の業。
指折りの国内の縫製工場にしかできないことです。

 

7.家で洗える

家での洗濯が可能です。乾いたらアイロンをせずにすぐお召しいただけます。
もともとソフトな生地なので柔軟剤を入れる必要もありません。
シワを防ぐための硬い糊付けも不要で、シワができないのに着心地の良さを体感できます。
クリーニング屋さんへの往復の時間と浮いたクリーニング代は、貴方の大切なプライベートに。

 

8.着こなしの幅

近年多様化が加速したビジネスシーンから、寛ぐ時間にも。
スーツに見劣りしない上質な生地感、ネクタイを締めても首元がヨレない仕立て、首元のボタンを開けた時の絶妙な力の抜け加減。
貴方の日常に、こっそりと寄り添います。

唯一無二の
ニットシャツに進化させる

〜誰かに教えたくなるドレスシャツ〜

長い歴史をたどってみても
シャツの見た目や機能は、大きな変化をせずに
その役割を果たしてきた様に思います。

紳士服の歴史は、スーツを中心とした服装術が大前提となり、
装いのルールは、身嗜みの処世術として大切にされてきました。
当然、今の時代もこれからもその教えは重要視され、
こんな時代だからこそ『服育』という言葉の中にある意味はとても深いものです。

一方で激変する気候や働き方への対応は、
変化の少ないビジネスウエアの世界においても必須要素として求められる事となりました。
シワにならない、直ぐに乾く、動きやすいなど利用者にとっての利点。
加えて、きちんと見える身なりや清潔感は相手への配慮であり欠かす事ができない。
同時にいかに環境への負荷を考えて設計された商品であるかが重要である。

礼節を守り、かつ時代に順応したシャツとはどんなものか?
こんなコンセプトで物作りを始めたのが【ニットシャツ】への挑戦でした。
構想から8年が経ち、今では鎌倉シャツが誇る一つのアイコンとも言うべきドレスシャツとなりました。
如何にして誕生し、進化を遂げ、更なる完成形を目指すのか?
その答えは、ニットシャツには従来のドレスシャツが抱える幾つかの欠点や不満を解消する魅力があるという事を商品を通じて体感してもらう事に他ならないのです。
一度着たら手放せねない、誰かに教えたくなるドレスシャツ。
その圧倒的な魅力を鎌倉シャツを応援してくださる全てのお客様に今一度お伝えいたします。

メーカーズシャツ鎌倉株式会社
素材開発 佐野 貴宏

 

A.答えは・・・

  
 
MEN
WOMEN