鎌倉シャツの定番シャツは、フィットやデザインの違いで5種類ございます。
用途やスタイルに合わせてお選びください。

余分なゆとりのないスリムなシルエット、体を曲線的に包み、華奢にみせるようなデザインで、ボディーラインを美しく見せます。シルエットに合わせて設計された小ぶりな襟とカフスが女性らしさを引き立てます。

    ポイント
  • オフィスシーンやフォーマルシーンで活躍。
  • もたつかないので、ジャケットやセータなどのインナーに最適。
  • 後ろにダーツが入っているため、細身のシルエットがお好きな方におすすめ。

着こなしで表情を変える程よくゆとりのあるシルエット、タックイン、タックアウトどちらにも対応できるデザインで幅広い着こなしが可能。少し大ぶりな襟が、華やかで知的な印象をかなえます。
昨年Wモデルとしてリニューアル。アームホールや、後ろ身頃に少しゆとりを持たせることで、見た目の印象はほぼ変えずに、より多くの方にお召しいただけるようになりました。

    ポイント
  • オン・オフ問わず着られる。
  • 春夏は一枚着やアウターとして、秋冬はセーターのインナーとして幅広い着こなしが可能。
  • 細身は好きではないけれど、きちんと感も出したい方におすすめ。

前身頃は小さく、後ろ身頃にボリュームをもたせたシルエットで、前からはすっきりと洗練された見た目、後ろには風をはらんだようなゆとりが生まれます。襟が後ろに抜ける設計により、カジュアルでリラックス感のある雰囲気に。さらりと着るだけでこなれ感を演出します。

    ポイント
  • 冷房対策や、温度調節などジャケット代わりにも使える。
  • 普段、あまりシャツを着用しない方にも着やすいラフなデザイン。
  • リラックス感のあるスタイルが好みの方におすすめ。

ラグジュアリーなシルエットと、フェミニンな印象の襟とカフスが、一枚で都会的な印象をかなえるモードなデザイン。襟のあしらい方や袖のまくり方によって、表情をがらりと変え、全く違った着こなしを可能にするので、シンプルなシャツでは物足りないと感じる方にも着こなしの幅広さを楽しんでいただけます。

    ポイント
  • 個性のある着こなしを楽しめる。
  • ゆったりとラグジュアリーな着心地。
  • 一枚で今っぽい雰囲気になれるシャツを探している方におすすめ。

ここでは、身体に沿うシルエットの”スリムシャツ”や”クラシックシャツ”の
サイズ選びのポイントをご紹介いたします。

サイズ選びのポイント
  • バスト
    着用時のシャツのシルエットを大きく左右するバスト位置。バストトップの位置を上げると、より若々しい印象になります。また細身なシャツは、重心があがることでスタイルが美しく見えます。サイズの合う下着を身に着け、バストメイクしましょう。
  • 肩幅
    ジャストサイズが理想ですが、2cm~3cm小さくてもOKです。ただし肩が落ちてしまうと、だらしない印象になってしまいますので、肩幅が大きいものは避けましょう。
  • 腕を下ろしたときに手首の出っ張った部分が隠れる長さが理想です。長すぎて親指にかかってしまっていたり、短すぎても不格好です。

シャツ専門店ならではの、
おすすめのバストメイクや下着選びのポイントをご紹介いたします。

  • 理想のバスト位置

    バストトップは肩から肘のまでの距離の、中央に来るようにするのが理想です。バスト位置が下がっていると、サイズ感がきつくなり、脇にシワが寄ってしまったり、前立てのボタンとボタンとの間に、隙間ができてしまうことがあります。また、この位置にバストトップがくることで、若々しい印象になります。
インナーウェア選びのポイント
  • 透けにくい下着を
    着用しましょう
    清潔感があり、クリーンな印象の白シャツも、下着が透けてしまうと下品な印象になってしまい、台無しです。白シャツを着用する際には、色が透けにくい下着を選びましょう。ベージュ系か、くすみ感のあるラベンダーやブルー、ライトグレーは、肌に馴染むので透けにくいです。
  • 立体感を作れる下着を
    着用しましょう
    バストに立体感をもたせることで、メリハリのあるスタイルを作ることができます。トップスに響きにくいシームレスタイプのTシャツ用の下着は、立体感を作りにくく、特にスリムなシャツの着用時には適していません。脇寄せ効果のあるワイヤー入り、多面構造の下着を着用することでメリハリのある若々しい印象の、バストシルエットが完成します。
  • 下着の上にキャミソールを
    着用しましょう
    ポリエステルやキュプラなど、サラッとした素材感のキャミソールを着用することで、下着のラインが響きにくくなり、より美しく見えます。また滑りをよくするので、動きやすくなります。汗をかきやすい夏などは汗が直接シャツに着くのを防ぐことで、シャツを綺麗な状態に保つことが出来ます。
インナーウェアによる印象の違い
  • シームレスタイプの下着を着用
    シームレスタイプの下着を着用しているため、バストの形が横に逃げてしまい、また、トップの位置が下がっています。
  • 多面構造タイプの下着を着用
    多面構造の下着を着用し、きちんとバストメイクをしているため、バストトップ位置が上に来ています。またバストの横もスッキリするため、特にスリムシャツ着用に適しています。
シャツの着こなし方、お手入れ方法などのお悩みに回答いたします。
  • シャツを着用すると、パキっとコンサバになり過ぎてしまいます・・・
  • コンサバなアイテムに合わせるシャツは、オーバーサイズのものを選ぶと抜け感が出て、今の気分です。 カジュアルなウォッシュがかかったものを避ければオフィス対応も◎。 ジャストサイズのシャツはきちんと感が強く見えがち・・・スタンドカラーやブラ ウス素材を選ぶと女性らしく固さが和らぎます。
  • 1枚のシャツをおしゃれに着回す方法ありますか?
  • ボタンの留め方ひとつで雰囲気の変化を楽しめます! 襟元のボタンを上まで留めるとモードに。 首周りを開けてアクセサリー、スカーフの小物を足して華やかに。 これからの季節だとシャツを羽織りに、インナーをボーダーやリブ等でコーディネー トしても楽しいですよ。
  • オフィスではボトムスにシャツの裾をインするべきですか?
  • 業種やシーンによっても異なりますが、 シャツの裾はインした方が、よりフォーマルな着こなしになります。 服装の自由度が高いオフィスなどではきれいめなパンツを合わせて、 裾を出した少しラフな着こなしも素敵です。 ラフな着こなしとはいえシャツを合わせることによって、 清潔感のある印象に仕上がりますよ。
  • アイロンがけが必要ないシャツありますか?
  • 鎌倉シャツでは、イージーケアシャツの「TRAVELER」を ご用意しています。アイロンは気になるところだけで大丈夫! 着ている間もシワになりにくいので、一日中、 朝の綺麗なシャツのままお召しいただけます。