鎌倉シャツ アイビールック の A to Z by グレアム・マーシュ

鎌倉シャツに贈る「 KAMAKAURA SHIRTS A TO Z OF THE IVY LOOK 」ブログ(英語版)へようこそ。このブログでは、服のみならずアクセサリーなど、アイビールックを定義する様々なアイテムを皆さんとみていきたい。

1955年から1965年にかけて、東海岸のアイビー・リーグはアメリカ紳士のドレスコードに大きな影響を与えた。民主的かつスタイリッシュでありながらも着心地がいい、そんなアイビールックは最高にクールであり、大統領でもヒップスターでも着ていた。6インチのフックベントが施された3つボタンナチュラルショルダージャケットにペニーローファーを履き、オックスフォードボタンダウンシャツにナロータイを締める。アイビーを愛する人々は、これら無しでは身だしなみが整ったとは言えなかったのだ。これらの服やアクセサリーは素晴らしいアイテムであり、アイビールックを定義するには欠かせないものである。その後もアメリカ海岸を超えてフランス、イタリア、イギリス、そして日本へと広がっていった。アイビールックは今日もなお生き続けている。これまでもそうであったように。

アイビーの服は、どうにも癖になる。私が初めてアイビーにはまったのは、モダンジャズの信者である男たちが着ている姿を見たときであった。彼らは、私が1960年代にロンドンにあるマーベル・コミックスのアート部で一緒に働いていた仲間だった。イギリスでは彼らのようなファッションは内部的な世界観であり、輸入されたナローラペルで粋なスーツにナローニットタイを合わせ、タイトに仕上げたショートヘアーで決めるのだ。このクールで非日常的なスタイルのテーマソングは決まってマイルス・デイヴィス、ジェリー・マリガン、モダン・ジャズ・カルテット、それとジミー・スミスだ。この世界感がまさに、私が取りこぼすことなく入り込みたいと思ったものである。私は、アイビールックを作り出す全てのディテールまでにも虜になっていった。

私が、鎌倉シャツの創立者でありかつ、かの有名なVAN系列の幹部でもあった貞末良雄と出会ったのは、数年前にニューヨークを訪れた時である。鎌倉シャツがマディソンアベニューにオープンしたアメリカ一号店を祝福するためにだ。言わせていただけるのなら、鎌倉シャツは日本国内に留まらず、最高のボタンダウンシャツを作っている。私たちはそこで、私の知る伝統的なアイビールックを用いて、鎌倉シャツのための”VINTAGE IVY”コレクションを共に作ることを約束した。

このコレクションは、今年で7年目を迎える。この場で、私が夢中になるアイビースタイルを世界中の鎌倉シャツを知る皆さんとシェアするのにちょうどいい時だろう。これから26カ月に及んで、私はアイビーの全てに祝福を上げたい。Aから始まりZで終わるサートリアルジャーニー(※)のように。正しい靴にシャツ、ジャケット、そしてハット。ウォールストリートで生まれたアイビールックを届けよう。究極のアイビールックをここに。
※サートリアルジャーニー:旅をするかのように、自分に合ったファッションスタイルを模索し確立していくことを示す表現。

<補足>
このブログでは、アルファベットAからZの頭文字にちなんだアイビーのファッションアイテムを題材とし、毎月グレアム・マーシュ氏より紹介いただきます。

マスク

グレアム・マーシュ
本ブログの著作とイラストを手掛けるイギリスのグレアム・マーシュ氏 はアートディレクターでありながら、イラストレーター兼ライターでもあり、数々の革新的なビジュアルブックを手掛けてきた。代表的なものとして、『The Cover Art of Blue Note Records』 vol.1とvol.2や『East Coasting and California Cool』などが含まれる。さらには、『Denim: From Cowboys to Catwalks』を共著出版し、トニー・ヌールマンド氏とは映画ポスターについてのシリーズ本を手掛けた。最近のものでは、『The Ivy Look』や『Hollywood and the Ivy Look』、『Jazz Festival』、『The Beat Scene』、『French New Wave: A Revolution in Design』など。また、Woodstockの50周年記念本やRonnieScott’s Jazz Clubの初期を綴った本などもある。彼は、子供向け絵本の『Max and the Lost Note』の著者でもある。マーシュ氏のイラストは、雑誌や新聞紙、数々のCDやアルバムのカバージャケットにも起用されてきた。『Country Life』や『Financial Times』などの、様々な雑誌、経済誌などにも貢献をしてきている。

A|Accessories

2021.02.19

見落としがちだが、アクセサリーはアイビールックを、作るにも、壊すにも欠かせないスタイリッシュな「もう一品」なのである。偉大なるアメリカの小説家であった、故カート・ヴォネガット氏はこう残している。「人生の中の小さなことを楽しみなさい。いつかその大きさを振り返り知ることとなるから。」もちろん、この感情を同じようにアクセサリーに抱くことが出来るだろう。それは、派手に目立つこともなく、永遠の輝きを放つこともない、控えめであることが時代の風潮である。

ぴったりな例として、シンプルなカラーピンがある。ジェームズ・ステュアートやケーリー・グラント、フレッド・アステア、フランク・シナトラなどをはじめ、お洒落な男性は彼らのサートリアルジャーニーの中で一度はカラーピンやカラーバーを身につけたことがある。カラーピンは伝統的に金もしくは金メッキ加工で作られ、安全ピンをつけているかのようなデザインであった。シャツの襟に穴をあけることなく、ネクタイを安定させる。少し長めのロングポイントカラーにカラーピンを引き立ててくれるネクタイとの組み合わせが最高だ。

この、謙虚でありながらとても洗練された襟飾りの合わせとして、着こなしを知っている男はポケットチーフやハンカチで遊びをする。念のために言っておくと、ジャケットの左胸ポケットは決してタバコを入れるためでも、メガネを差すためでもない。ポケットチーフを差すためである。鎌倉シャツには、何年にも渡り取り揃えられたポケットチーフのコレクションがある。白の無地から無数のカラーバリエーションによるペイズリーやフラール。生地の種類は、オックスフォードからシルクのツイルにリネンまで。ポケットチーフは格好よく、コーディネートの最後の仕上げとなる。忘れてはいけないのは、ポケットチーフの色はネクタイやシャツ、ジャケットから拾うが、同じ柄で揃えてはいけない。夏になると、私の友人がオックスフォードボタンダウンシャツの胸ポケットにハンカチを差すのだ。まさに、私も真似してしまったことは隠すまでもない!

ポケットチーフを見る

一つ、紛れもなくアイビークラシックなアイテムがあるとすると、それはサーシングベルトである。ウィキペディアではこのように説明されている。「サーシングベルトは、ウェブ状の帯に革の剣先がどちらかの先端に付き、真鍮の馬蹄バックルが付いている。帯はだいたい重たいウールのツイル素材であり、単色無地か縦ストライプ、もしくはモチーフの刺繍が施されている。革の剣先は帯に縫い付けられており、一段階細くなっていることが一般的である。サーシングベルトは従来からカジュアルドレスの要素として認識されている。プレッピー文化との結びつきが強い。」しかし、アイビールックの信者は皆理解しているのだ。プレッピーはファッションであり、アイビーはスタイルであるということを。グログラン織のリボン帯に真鍮のループを上質な革ベルトで付けたサーシングベルトは、チノパンやクラシックなLevisを締めるのにふさわしいアイテムだ。

ベルトを見る

他にも小さなアクセサリーは数えきれないほどある。ネクタイ、カフリンクス、靴下、ストライプベルトの腕時計、ダックキーリング、クラバット、もしくは更にフォーマルなアスコットでも近年のカジュアルドレスでは稀に見られる。そして忘れてはいけないのが、時計だ。アメリカ製Hamiltonにストライプのベルトを付けるような、さりげないビンテージが格好の良いアイビールックというものだ。予算があればRolex やIWCなど、スイスのクラシックウォッチなんかもいい。メガネは縁取りがべっ甲であろうが針金であろうが、クリスタルやホーンであろうが、プロの身だしなみである。髭剃りのあとは、DiorのEau Sauvageがアイビーのお気に入りリストのトップに来るだろう。

まだまだ始まったばかりだ。次に来る B は、ブローグシューズとブレザーとしよう。

GM

MEN
WOMEN