鎌倉シャツ アイビールック の A to Z by グレアム・マーシュ

鎌倉シャツに贈る「 KAMAKAURA SHIRTS A TO Z OF THE IVY LOOK 」ブログ(英語版)へようこそ。このブログでは、服のみならずアクセサリーなど、アイビールックを定義する様々なアイテムを皆さんとみていきたい。

1955年から1965年にかけて、東海岸のアイビー・リーグはアメリカ紳士のドレスコードに大きな影響を与えた。民主的かつスタイリッシュでありながらも着心地がいい、そんなアイビールックは最高にクールであり、大統領でもヒップスターでも着ていた。6インチのフックベントが施された3つボタンナチュラルショルダージャケットにペニーローファーを履き、オックスフォードボタンダウンシャツにナロータイを締める。アイビーを愛する人々は、これら無しでは身だしなみが整ったとは言えなかったのだ。これらの服やアクセサリーは素晴らしいアイテムであり、アイビールックを定義するには欠かせないものである。その後もアメリカ海岸を超えてフランス、イタリア、イギリス、そして日本へと広がっていった。アイビールックは今日もなお生き続けている。これまでもそうであったように。

アイビーの服は、どうにも癖になる。私が初めてアイビーにはまったのは、モダンジャズの信者である男たちが着ている姿を見たときであった。彼らは、私が1960年代にロンドンにあるマーベル・コミックスのアート部で一緒に働いていた仲間だった。イギリスでは彼らのようなファッションは内部的な世界観であり、輸入されたナローラペルで粋なスーツにナローニットタイを合わせ、タイトに仕上げたショートヘアーで決めるのだ。このクールで非日常的なスタイルのテーマソングは決まってマイルス・デイヴィス、ジェリー・マリガン、モダン・ジャズ・カルテット、それとジミー・スミスだ。この世界感がまさに、私が取りこぼすことなく入り込みたいと思ったものである。私は、アイビールックを作り出す全てのディテールまでにも虜になっていった。

私が、鎌倉シャツの創立者でありかつ、かの有名なVAN系列の幹部でもあった貞末良雄と出会ったのは、数年前にニューヨークを訪れた時である。鎌倉シャツがマディソンアベニューにオープンしたアメリカ一号店を祝福するためにだ。言わせていただけるのなら、鎌倉シャツは日本国内に留まらず、最高のボタンダウンシャツを作っている。私たちはそこで、私の知る伝統的なアイビールックを用いて、鎌倉シャツのための”VINTAGE IVY”コレクションを共に作ることを約束した。

このコレクションは、今年で7年目を迎える。この場で、私が夢中になるアイビースタイルを世界中の鎌倉シャツを知る皆さんとシェアするのにちょうどいい時だろう。これから26カ月に及んで、私はアイビーの全てに祝福を上げたい。Aから始まりZで終わるサートリアルジャーニー(※)のように。正しい靴にシャツ、ジャケット、そしてハット。ウォールストリートで生まれたアイビールックを届けよう。究極のアイビールックをここに。
※サートリアルジャーニー:旅をするかのように、自分に合ったファッションスタイルを模索し確立していくことを示す表現。

<補足>
このブログでは、アルファベットAからZの頭文字にちなんだアイビーのファッションアイテムを題材とし、毎月グレアム・マーシュ氏より紹介いただきます。

マスク

グレアム・マーシュ
本ブログの著作とイラストを手掛けるイギリスのグレアム・マーシュ氏 はアートディレクターでありながら、イラストレーター兼ライターでもあり、数々の革新的なビジュアルブックを手掛けてきた。代表的なものとして、『The Cover Art of Blue Note Records』 vol.1とvol.2や『East Coasting and California Cool』などが含まれる。さらには、『Denim: From Cowboys to Catwalks』を共著出版し、トニー・ヌールマンド氏とは映画ポスターについてのシリーズ本を手掛けた。最近のものでは、『The Ivy Look』や『Hollywood and the Ivy Look』、『Jazz Festival』、『The Beat Scene』、『French New Wave: A Revolution in Design』など。また、Woodstockの50周年記念本やRonnieScott’s Jazz Clubの初期を綴った本などもある。彼は、子供向け絵本の『Max and the Lost Note』の著者でもある。マーシュ氏のイラストは、雑誌や新聞紙、数々のCDやアルバムのカバージャケットにも起用されてきた。『Country Life』や『Financial Times』などの、様々な雑誌、経済誌などにも貢献をしてきている。

B|Blazers, Brogues and Bow-ties

2021.03.19

立派に着こなし、時間にゆとりを
ブレザーブローグ(※)、そしてボウタイ

※ブローグ:レザーに穴あけ装飾をした革靴

 


私がアイビールックを仕上げる際に、何度も試行錯誤を重ね大詰めとなるアイテムは2つしかない。それは、シャツと靴である。もちろん私は鎌倉シャツと共にVINTAGE IVYコレクションを作っているわけだから、当然のごとく私が着るシャツはVINTAGE IVYに限る。しかし靴となれば、たくさんある。その範囲は、コードバンのロングウィングチップブローグや別名”Smooths”とも呼ばれるプレーントゥ、そしてプレーンヴァンプやビーフロールなどのすべての素材とスタイルのローファーにまで至る。Sandersの”Playboy”ハイトップ、ClarkとHuttonのデザートブーツにParaboot、サドルシューズなどもある。もしここに書き忘れているものがあれば、謝りたい。おそらく私のワードローブの奥底に隠れてしまっているのだろう。


「『青の時代』は光や色に対する問いかけではない。このように描くための内なる必需性なのである 」―パブロ・ピカソ

青という色について語られるときピカソが第一に出てくる人物であるが、ネイビーブルーブレザーの象徴的人物ではなかった。彼はこの役割を、アイビーを愛する仲間たちに任せたのだ。私は何年にも渡っていくつものネイビーブルーブレザーを集めてきた。カシミヤ100%のブレザーもお気に入りの一つであったが、残念なことにそれは虫食いにとっても三つボタンのミシュランレストラン並みのお気に入りだったようだ。私のロフトにある箱の中に残ったこのお気に入りのものは、今やもう着古したジャケットなのであろう。アメリカ産のネイビーホップサックアイビースーツ。ソウルバンドのスーツを手掛けるテイラーであった友人に、少なくとも2度は全く同じものを仕立ててもらった。それらは芸術品である。何はともあれ、ネイビーという色はブレザーの歴史の一部である。有名な言い伝えによると、ブレザーという名前は19世紀の軍艦“H.M.S.Blazer”から生まれた。この軍艦の司令官は、バラバラな装いをしていたクルー達をまとめるために全員にブルーと白の縦ストライプ模様のジャケットを着させたのだ。

人々の日常の中では、ブレザーはイギリスのクリケットクラブでよく見られるようになり、他のスポーツ競技上でも登場するようになった。クラブカラーで染められた縦ストライプ模様のジャケットだ。最後には、その後10年ほどの年月でイギリスとアメリカの大学に広まっていった。近年では、このカラフルなストライプは姿を消し、私たちに馴染みのあるクラシカルな無地のネイビーブルーブレザーの姿となったのである。イギリスでは、今でも着られているストライプジャケットはボーティングブレザーくらいであり、どこかのサークルに属していることを意味する。


 



今日では、ブレザーはカーキのチノパンでも拘り抜かれたブルーのLevi'sでも似合ってしまう、無くてはならない万能アイテムとして残っている。しかしながら、伝統的な前立てや紋章が描かれている金、銀、もしくはニッケルボタンが飾られたブレザーは、アイビー信者であることを見せびらかす数少ないアイテムとなった。ボタンは、ダークブラウンのホーンボタンに付け替えてもいい。あなたのお好みで。

映画や文学の著名人たちは、いつの日からか、皆同じようなネイビーブルーのブレザーを着るようになった。ロバート・レッドフォードは、1976年の映画である『All the President’s Men』の中で素晴らしい逸品を着ている。また、アメリカの小説家でありユーモア作家でもあるフラン・レボウィッツは、Levi’s 501にサビルロウのAnderson & Sheppardによるメンズブレザー、そしてべっ甲メガネを合わせる姿が瞬く間に彼女のアイコンとなった。
 

 


私は、黒の靴は持たない。黒い靴は黒でしかないのだ!黒い靴からは何の色味も作り出されない。一方で、ブラウンの靴はどんな影にだってなれる。カーキ、バフ、ラセット、セピア、アンバー、トープ、マホガニー、サドルにタバコ。どんな場面にもどんな生地にも合う影だからこそ、コードバンのロングウィングチップブローグはアイビールックを紳士的に引き立ててくれるのである。ウィングチップは、先飾り革が尖った中央部から両サイドの背面に向かって広がる鳥の羽のような形をしており、継ぎ目には複数の小さな穴を開けたデザインが施されていることからこのような名前がついた。

 


1967年の映画『Point Blank』に、このようなシーンがある。リー・マーヴィン演じるウォーカーがロスアンゼルス空港のネオンが光る廊下を一人で大股に進んでいる。彼は組織から奪われた93,000ドルを取り戻すミッションにあたっていたのだ。彼は平然と、しかし威嚇的な表情を浮かべていた。彼の足元には、あのFlorsheim Imperialシリーズのロングウィングチップブローグが映る。5つのハトメが付いたダービーシューズで、タンカラーのスコッチグレインレザーにグットイヤーウェルトが付いたものだ。ダービーシューズの英名である” Blucher-style(ブルーチャースタイル) ”は、ナポレオンの敵軍の一人であったプロイセン王国のゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘルが考案したものであり、彼の名の「ブリュッヘル」にちなんでその名が付けられた。彼の兵士たちはローカットシューズにゲートルを付けた靴を履いていたのだが、ブリュッヘルはもっといい靴が必要と考え新しいブーツを与えた。両サイドから革が甲を覆うように付けられ、ベロにはゆとりがありその上を靴紐が横断するように通っているブーツだ。ボストン・グローブに寄稿していたあの偉大な人物である故・ジョージ・フレイジャーはこう言った。「男の着こなしを見分ける方法を知っているか?足元を見ろ。

 


ボウタイは、夜会服としてのタキシードに合わせるのが典型であるが、昼間に付けるボウタイは学生らしさや個性を大事にしたいスタイルの幅を広げてくれる。特に、夏は良く映える。例えば、シアサッカージャケットにマドラスチェックのボウタイ、もしくはもう少しフォーマルにブロケードやプレイド地のボウタイをダークスーツに合わせるのもいい。言うまででもないが、ブレザーにチノパンやジーンズと言ったコーディネートとも相性がいい。自分で結ぶボウタイに勝るものはないが、今は結び目が出来上がっているタイプの中でも素晴らしいものが手に入る。私のドレスコードにボウタイが登場することはないのだが、とはいえ、きちんと着こなせる人が選ぶ生地との組みまわせはとてもかっこいい。もちろん、数冊の本を抱えて出かけることは忘れないでほしい。ボウタイには様々な色と柄のバリエーションがある。主な形は、バタフライとスクエアエンドだ。

 

 



グレアム氏からの重大ニュース:
私のよき友でありReal Art Pressの出版社オーナーでもあるトニー・ヌールマンド氏と、共著者にあたるジェイソン・ジュール氏と、現在新しい本の著者に取り組んでいる。タイトルは、『Black Ivy』。素晴らしい写真と貴重な情報が詰まっている一冊となる。是非とも楽しみにしていてほしい。

次は、Cから始まるカーディガンチノパンConverse、そしてシャツのカラースタイルについてとしよう。
 

GM

MEN
WOMEN
  • 鎌倉シャツについて
    ご購入の前に
    私たちのことを知ってください。
  • 安心してご購入いただくために
    商品到着から8日以内の
    交換・返品を受付ます。
  • ギフトラッピングについて
    ギフトラッピングも
    承っております。