憧れの「ナポリメイドタイ」

ネクタイに限らず、イタリアには多くの有名ブランドや、優れたファクトリー(ブランド)が存在する。
クラシックなメンズスタイルを創り出しているそのほとんどは、ナポリに拠点を置き、世界中に発信している。
1924年創業のCalabrese(カラブレーゼ)もナポリを代表するファクトリーブランドであり、古き良きクラシックなナポリスタイルを守りながら、現在のスタイルにも多大なる影響を与えている。

メンズファッション最大の見本市である、フィレンツェで行われる
PITTI UOMOで異彩を放っている彼らと初めてコンタクトしたのは3年前だった。
ナポリでネクタイを作るのは夢だったが、何よりセッテピエゲと呼ばれる7つ折り仕様のネクタイを展開するのも憧れであった。
ナポリのクラシックな柄でセッテピエゲ。
泣く子も黙る組み合わせだが、市場価格は極めて高い。
市場価格は¥30,000前後で、特殊な技術を求められるため、コストも高い。
『7 holdのネクタイが1万円以下で販売できたら、まず自分が買う』その想いは持っていたが、
なかなか実現するには難易度も高かった。

まだcalabreseの販売実績がない鎌倉シャツだったが、交渉を粘り強く重ねることで、
彼らは私たちのことも高く評価してくれ、熱意も届いたのか、念願の1万円以下での販売が実現した。
今回は全てプリント素材となっている。
クラシック回帰のこの時代に正にタイムリーなコレクション。

鎌倉シャツの数多くのバリエーションの中で、ナポリメイドはCalabreseだけ。
北イタリアやイギリスと違った色気、どこかラテンの香りのするラインナップとなっている。
このコレクションは、全店舗でなく、店舗限定で販売する。
数量限定のexclusiveですので、お早めにお求め下さい。
このネクタイを締めれば今のイタリアクラシコが完成します。