気になる袖やボディーにしっかりとゆとりをもたせ、
ストレスのない着心地を実現した“Wモデル”誕生。
絶妙なボタン位置は、こなれた襟の開きを叶えます。

ナチュラルに広がる後ろ身頃

大げさすぎない程よいゆとりが、より現代的なスタイルを実現します。従来のクラシックモデル同様、タックイン、タックアウトどちらのスタイルにも対応。前身頃の寸法は変えず、後ろ身頃にゆとりを持たせることで、前から見たときの印象はそのままに、より快適な着心地に。

コンフォートな着心地を叶えるアームホール

アームホールに少しのゆとりをプラスし、より負荷がかかりにくくなりました。大きな腕の動きにも、ストレスなく寄り添うような袖は、シャツというアイテムを気張らずに、何気なく着られる存在に。

こなれた印象に仕上げる襟もと

全体の印象を左右する、シャツの顔ともいえる襟もと。ボタン位置を少し下げることで、第2ボタンまで開けた際のデコルテの見え方が丁度良いバランスになるように調整しました。知的さを損なわずに、ヘルシーな印象を演出します。
裾をタックアウトした着用にも適したWモデル。ニットのインナーとして、シャツの裾と袖をさりげなく見せて。ニット単体でもなりたつ着こなしにあえて白シャツを加えることで、よりおしゃれで清潔感のあるスタイルが完成します。
ダークになりがちな冬の装いに、白シャツがアクセントに。シャツとジャケットのクラシックな組み合わせも、ジャケットの素材や小物使いで、トレンド感のあるスタイルになります。
”今の気分“を反映したWモデル。
様々なシーンに直面しながら忙しい毎日をおくる私たち。
面倒なテクニック一切不要。
袖を通した瞬間、在りたい私がスタートします。